タダシップは個人輸入代行サイトで手軽にゲット!

タダシップを購入したい時は、個人輸入でGETするのが正解です!
日本で未承認薬のタダシップは、日本の病院やドラッグストアでも売られていません。

格安で長時間勃起できる効果をもつED治療薬があれば、試してみたいと思いますよね。
そこで役に立つのが、個人輸入の“代行サイト”を使うこと。
自分だけで個人輸入するとなると、インドで作られているタダシップは、直接輸入の手続きをしなければいけません。
そんな、手間や時間をとられそうでな作業を、代行サイトにお任せできるんです!!

通販サイトから注文するだけで個人輸入できるから、便利で時間もとられません。
タダシップの購入方法についてお伝えしていきます。

タダシップの通販をカンタンに!個人輸入代行サイトの仕事とは

タダシップ 個人輸入

「個人輸入ってなに?」と意味を理解していないと、タダシップを購入するのも不安になりますよね。
個人輸入とは=個人が使用する目的のみで海外から輸入できること。

個人で輸入行為をしないといけないのは、難しいですよね。
直接海外の業者と外国語でのやりとりや、税関の手続きを行なわければなりません。
でも大丈夫です…代行サイトを活用すれば購入が簡単に!
代行サイトは、購入者と海外業者の間に入って、注文や支払いなどを行なってくれます。

厚生省のホームページにも記載されているので合法。
でも、個人輸入するにあたってルールもあります。

・個人だけが使用する(他人に譲ってはいけない)
→知人も悩んでいたから分けてあげようという考えはダメ。
販売目的での購入は禁止
→「安く買えたから」とメルカリや転売サイトで売ろう・買おうもダメ。
・ストック買いも禁止(1回で買える量は、1ヶ月~2ヶ月分まで)
→「何度も注文するの面倒」と大量に買ってストックする行為も禁止。

上記の項目を守った上で、安全に個人輸入をしていきましょう。

これでOK!タダシップの買い方

タダシップは個人輸入の代行サイトを活用

通販サイトから簡単に購入できるタダシップ!
サイト内もごく普通の通販サイトと同じで、楽天やAmazonを使ったことがある方は、流れはほぼ一緒なので注文も楽々にできちゃいます。

代行サイトは、

・サイト内がすべて日本語表記
・税関の手続きも請負ってくれる
・オペレーター対応つきだから安心

など海外から医薬品を買うのに、ここまで充実していたら購入も怖くないですよね。

インターネットで注文する場合

個人輸入が安全にできるとしったら、次はタダシップを注文してみたいですよね。
お薬を専門とした通販サイトは、たくさんの治療薬を販売しているので、タダシップをスムーズに買える手順を教えます。

お悩み宅急便というサイトで見ていきましょう。

TOPの画面がでてきたら、右上のタダシップを商品検索します。
下にスクロールしても見つけられます。
タダシップ 代行通販サイト

タダシップのページがでてきたら、数量を選択してカートへ。
タダシップ 購入方法


配送先の項目にきたら、登録情報を入力(最後の支払い方法まで選択すればOK!)
タダシップ 通販の登録方法

ご注文内容の確認をおしたら、最終確認をして「注文確定」ボタンをポチっで完了。

タダシップ 注文完了ぺージ

電話で注文する場合

サイト内から買うのがイマイチ分からないって方は、お電話での注文もあります。
代行サイトの仕事は、タダシップの輸入を代わりに手配すること。

薬事法では、薬剤師や医師ではない人が薬の効果・効能・飲み方などを解説してはいけないのです。
患者に医薬品を提案してはいけないと定められています。
電話で注文しようと思った時には、「こんな症状で悩んでいて…」と相談して商品をピックアップしてもらうのはNG。
「タダシップで決まり!」と商品が決まっているのであればOKなので、ハッキリと決まってる場合であれば、電話注文もスムーズです。

タダシップの注文完了前に最終確認!

タダシップの購入を決めたあなた!最終チェックはお済みですか?
登録内容にメールアドレスを入力しておけば、商品ごとの追跡番号を通知してもらえます。
商品がどこにあるのか?いつ頃届きそうなのか?分かれば安心できますよね。

個人輸入は自宅以外に配送できません。
「お家には親がいて」「妻にバレたくない」って時は、郵便局留めを指定できます!
自分で取りに行けば、周りに見られることもないのでオススメです。

タダシップが届けば、EDから開放されるのはもうすぐ…だけど、服用できない体だったら?
持病をお持ちで、併用禁忌薬を使っていたらタダシップを服用できません。
確認してから注文するようにしましょう。
タダシップを飲む前に!知っておきたい副作用と併用禁忌薬

海外医薬品を取り寄せる場合、クーリングオフができません。
購入する前に確認できる項目はしっかりみておくのが大事です。