タダシップを飲む前に!知っておきたい副作用と併用禁忌薬

タダシップを服用したいって思う気持ちが芽生えたら、知っておきたい副作用のこと。
効果をしっかり感じたいけど、副作用を感じると気分が下がる時もありますよね。

チェックしておかなきゃ、万が一の時に上手く対処できない可能性も…
タダシップは、他のED治療薬よりも、副作用が少ないと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。
このページでは…

・タダシップを飲んで頭が痛くなったら
・タダシップ自体を服用できる体ではなかったら

ふたつの情報をお届けします。

タダシップの副作用は風邪に似てる

タダシップの副作用

ゆっくり効果を発揮していくタダシップは、副作用が起こりにくいと言われています。
副作用は、作用のはじまりと同時に起こり、短時間で収まる一時的な症状です。
なので、副作用も効果の1部とも言えます。

タダシップの主な副作用は、

頭痛・潮紅(ほてり)・消化不良・筋痛・鼻づまり・胃の消化不良など…

軽い症状なので、過剰に心配しなくて大丈夫です。
リラックスしてタダシップを服用しましょう。

長時間続く勃起は危険!

「勃起が収まらない」と、4時間以上も痛みを伴う勃起が続いている場合“持続勃起”と呼びます。
プリアピズムとも言われている症状で、陰茎海綿体内の血液が戻りにくく血が充分に回らなくなっている状態です。
6時間も経つと男性器の組織が壊死していき、勃起障害になります。

必ず起こるわけではないですが、何らかの原因で発症している ので持続勃起と分かった時点で、すぐに泌尿器科に受診してください。

持続勃起がでるのは、効果がでているわけではなくまれに起こる副作用の症状です。

副作用対策に頭痛薬を併用!

「副作用がツライ」と少し症状が重いと感じるのであれば、頭痛薬・鼻炎薬の併用はOKです。
一緒に飲んでも、効果の妨げになることはないので安心してください。

頭痛であればロキソニンと併用しても大丈夫です!
胃の弱い方がロキソニンを使うと、荒れやすくなるので胃薬も一緒に服用するのをオススメします。
※ロキソニンは、空腹時の服用を避けるのを推奨されています。

まだ体に慣れていなくて副作用を重いと感じている可能性もあるので、しばらく併用してみて落ち着いたらタダシップだけで飲んでみて、様子をみるのもオススメです。

飲む前に確認!タダシップの併用禁忌薬

タダシップの併用禁忌薬

タダシップはEDのタイプを選ぶことなく改善できますが、現在飲んでいるお薬がれば種類によって使用できない場合があります。
併用禁忌薬といって飲み合わせると体に危険を及ぼす可能性があるからです。

タダシップ(成分:タダラフィル)の併用禁忌薬は…

(×)ニトログリセリンや硝酸剤およびNO供与剤などを使用している方
→血圧が急激に低下していき、めまいや失神を起こす可能性と最悪ショック死を引き起こす場合があります。
(×)リオシグアト(アデムパス)
→症候性低血圧を引き起こす可能性があります。(ショック症状や意識障害)

併用してしまうと、作用を増強されすぎたり、血圧が低下しすぎたりするのでタダシップの服用は避けてください。
EDなら誰でも使えるってわけではないので、使用していないか確認しておきましょう。

タダシップを飲んでもいい?服用時に注意が必要な人

「今持っている病気とタダシップを一緒に服用できるかな? 」と…
持病を持っている方・過去に病気をしている方で下記の項目に当てはまれば、残念ながら服用はできません。

タダシップをED改善のために使いたいのに、服用できないのは嫌ですよね。
でも、安全にタダシップを服用してもらうために、心あたりのある方はチェックしましょう。

◇タダラフィルアレルギーの方
◇不安定狭心症のある方や性交中に狭心症を現れた方。
◇65歳以上の方で使用したい場合(病院で確認してからの使用をオススメします)
◇低血圧・高血圧をお持ちの方。
◇心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある方
◇脳梗塞・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある方
◇重度の肝障害のある方
◇網膜色素変性症の方

などで当てはまる方は、残念ながらタダシップを使用してはいけません。

医師と相談しながら安全に使える場合もあるので、「もうセックスは無理だ」と諦めずに前向きに治療から優先してください。

危険を知ると怖くなるけど、タダシップ自体は安心・安全

タダシップは安心・安全のED治療薬

タダシップの副作用をみて、危険な症状があるのを知ると「服用が怖い」となってしまった 方もいるかもしれません。

頻度や起こる確率はハッキリと分かりませんが、起こったケースもごくわずかです。
併用禁忌薬と一緒に服用してしまった場合や、服用量を守らなかったという自ら引き起こしてしまった事例もあります。
まずは、服用できる状態にあるのか、飲み方は正しいのかを把握することが大事です。

副作用自体は、効果が現れているというプラスの意味でもあるので、考えすぎず「勃起するぞ!」前向きにED治療していきましょう。